商業出版 ブランディング

出版と企業


企業のトップが出版することで企業の業績が向上することはよく言われています。
出版にかかった費用は宣伝費と考えればいいでしょう。
それ以上の効果が期待できるからです。
通常の広告と比較しても高い効果をもたらします。
読者は自らの意思で書籍を読んでいます。
通常の宣伝と比較すれば、スタートの時点で差があるのです。
書籍を読んで納得した人は、その企業の商品を購入してみたいと思います。
書籍を購入すると言うことはお金を出して内容を知りたいと思っているのです。
出版コンシェルジュの役割は企業に対して、出版の企画を提供して、効果的な売り上げにつなげるためのアドバイスをするのです。
出版コンシェルジュが活躍している状況は商業出版が主流になっていることを示しています。
企業にとって大きな宣伝効果が期待できる出版は是非とも進めたいと言うことでしょう。
出版コンシェルジュの良し悪しによって、出版の効果がわかるのであれば、その選び方は非常に重要です。
しかし、出版コンシェルジュを比較してもよくわかりません。
同じ書籍を出しているわけではないからです。
単純な比較ではなく、必要となる費用や実績を比較することになります。
書籍の内容を高めることによって強い印象を与えることが目的ですが、その書籍自体が最終赤な目的ではなく、企業の業績を伸ばす手段と考えている点に注目しなければなりません。
つまり、書籍の内容が良ければ著者である企業のトップが信頼されることになり、結果的に業績が伸びるのです。
posted by 出版コンシェルジュ@山田 at | 出版コンシェルジュ 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出版の仕組み


出版物がどのようにして作られているかを知ることで、あなたが本を出す時にかかる費用が見えてきます。
単に文字を書くだけで済むわけではありません。
印刷するまでには多くの人が携わっているのです。
出版コンシェルジュもその一人です。
もちろん、出版コンシェルジュはプロデュースをする会社に属していますから、一人ではないかもしれません。
あなたが持っているアイデアを具体的な書籍にするためにアドバイスをしてくれるのです。
出版コンシェルジュと出版社を比較して、その違いを知ることも大切です。
出版社は自社でプロデュースをすることもありますが、出版コンシェルジュと組んで企画を作り上げることの方が多いようです。
あなたの文章がどのような効果を上げることができるか、出版社を納得させることができれば、自費出版ではなく、出版社が経費を出してくれることでしょう。
ただ、多くの人が出版できる時代ですが、自費出版が大半です。
面白い文章を誰でも書けるわけではないからです。
出版コンシェルジュは文章を比較して、客観的な判断をしてくれます。
これは非常に重要なことです。
独りよがりの文章では誰も読んでくれません。
書籍となったとしても、読んでくれないのであれば、宣伝効果も期待できないでしょう。
会社の宣伝となり、あなたの知名度をアップさせるためには、しっかりした書籍でなければならないのです。
出版の細かい仕組みを知る必要はありません。
本の価格がどのようにして決められているかは企業に勤めている人ならわかっているでしょう。
製造コストと間接経費、そして利益です。
posted by 出版コンシェルジュ@山田 at | 出版コンシェルジュ 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出版コンシェルジュの比較


世の中にはたくさんの出版コンシェルジュがいます。
それぞれの人が出版に関するノウハウを持っているのです。
出版コンシェルジュの比較は単純に誰がいいか、どこの会社がいいかと言うことではありません。
自分が書こうとしている文章のジャンルによって、出版コンシェルジュも得意不得意があります。
ドキュメンタリーに強い出版コンシェルジュ、コミックを得意としている出版コンシェルジュなどがあります。
これらを比較することで自分が書いたものを相談したい相手が決まるでしょう。
ブログは誰でもが欠ける時代となりましたから、まずは自己満足のために小説を書いてみることでしょう。
それが自分なりにまとまってきたと思えば、出版の模索を始めるのです。
出版社から出版依頼が来れば素晴らしいですが、簡単にそうなるはずはありません。
まずは自費出版を考えてみてください。
本を出版するにはどうすればいいかを説明してくれているサイトはたくさんあります。
じっくり考えてみましょう。
もちろん、その前に自分が書くべきテーマや内容をしっかりと押さえておいてください。
出版コンシェルジュのアドバイスによって、内容を書き換えることがあるでしょう。
ただ、それはあなたの作品をよりよくするための近道です。
自分だけで読んでも、独りよがりの自己満足に過ぎません。
多くの人に呼んでもらうためには、出版コンシェルジュの手助けが必要です。
つまり、すでにプロになっている人には関係ありません。
posted by 出版コンシェルジュ@山田 at | 出版コンシェルジュ 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする