商業出版 ブランディング

出版コンシェルジュの比較


世の中にはたくさんの出版コンシェルジュがいます。
それぞれの人が出版に関するノウハウを持っているのです。
出版コンシェルジュの比較は単純に誰がいいか、どこの会社がいいかと言うことではありません。
自分が書こうとしている文章のジャンルによって、出版コンシェルジュも得意不得意があります。
ドキュメンタリーに強い出版コンシェルジュ、コミックを得意としている出版コンシェルジュなどがあります。
これらを比較することで自分が書いたものを相談したい相手が決まるでしょう。
ブログは誰でもが欠ける時代となりましたから、まずは自己満足のために小説を書いてみることでしょう。
それが自分なりにまとまってきたと思えば、出版の模索を始めるのです。
出版社から出版依頼が来れば素晴らしいですが、簡単にそうなるはずはありません。
まずは自費出版を考えてみてください。
本を出版するにはどうすればいいかを説明してくれているサイトはたくさんあります。
じっくり考えてみましょう。
もちろん、その前に自分が書くべきテーマや内容をしっかりと押さえておいてください。
出版コンシェルジュのアドバイスによって、内容を書き換えることがあるでしょう。
ただ、それはあなたの作品をよりよくするための近道です。
自分だけで読んでも、独りよがりの自己満足に過ぎません。
多くの人に呼んでもらうためには、出版コンシェルジュの手助けが必要です。
つまり、すでにプロになっている人には関係ありません。
posted by 出版コンシェルジュ@山田 at | 出版コンシェルジュ 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112664628

この記事へのトラックバック