商業出版 ブランディング

出版プロデュースの会社


あなたの本を出版しませんか。
このような見出しで始まるホームページがたくさんあります。
出版コンシェルジュの会社です。
書籍を出版することでメジャーになると考えられているからです。
もちろん、自分の知識を誰かが認めてくれる、賛同してくれると言うことは重要です。
ただ、せっかく書籍を出版しても、単なる自己満足で終わってしまう可能性が高いでしょう。
そこで出版コンシェルジュの出番となります。
出版コンシェルジュは単なる出版の手伝いではなく、出版を契機としたビジネスの拡大を実現するためにどうすればいいかをアドバイスしてくれます。
出版コンシェルジュを比較しても、ほとんど違いがわかりません。
それは、どの企業でも長年の経験と多数の実績を誇っているからです。
出版社に対する売り込み方、取り上げられやすい企画書の作成などをアドバイスしてくれます。
昔の出版社と比較すると、出版コンシェルジュの活躍によって様々な本が出版されていると思いませんか。
タイトルを見ただけでちょっと読んでみたくなるのです。
自分が感じていたことが本になっていると思ったら購入してしまうのです。
自分がやっている業界のことはわかっていても、出版に関する知識はほとんどありません。
それをプロデュースしてくれる人が出版コンシェルジュです。
出版のことはすべて任せればいいでしょう。
もちろん、実際の出版は出版社が行います。
出版コンシェルジュはその道筋へのアドバイスまでです。
posted by 出版コンシェルジュ@山田 at | 出版コンシェルジュ 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112664641

この記事へのトラックバック