商業出版 ブランディング

出版の仕組み


出版物がどのようにして作られているかを知ることで、あなたが本を出す時にかかる費用が見えてきます。
単に文字を書くだけで済むわけではありません。
印刷するまでには多くの人が携わっているのです。
出版コンシェルジュもその一人です。
もちろん、出版コンシェルジュはプロデュースをする会社に属していますから、一人ではないかもしれません。
あなたが持っているアイデアを具体的な書籍にするためにアドバイスをしてくれるのです。
出版コンシェルジュと出版社を比較して、その違いを知ることも大切です。
出版社は自社でプロデュースをすることもありますが、出版コンシェルジュと組んで企画を作り上げることの方が多いようです。
あなたの文章がどのような効果を上げることができるか、出版社を納得させることができれば、自費出版ではなく、出版社が経費を出してくれることでしょう。
ただ、多くの人が出版できる時代ですが、自費出版が大半です。
面白い文章を誰でも書けるわけではないからです。
出版コンシェルジュは文章を比較して、客観的な判断をしてくれます。
これは非常に重要なことです。
独りよがりの文章では誰も読んでくれません。
書籍となったとしても、読んでくれないのであれば、宣伝効果も期待できないでしょう。
会社の宣伝となり、あなたの知名度をアップさせるためには、しっかりした書籍でなければならないのです。
出版の細かい仕組みを知る必要はありません。
本の価格がどのようにして決められているかは企業に勤めている人ならわかっているでしょう。
製造コストと間接経費、そして利益です。
posted by 出版コンシェルジュ@山田 at | 出版コンシェルジュ 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112664646

この記事へのトラックバック