商業出版 ブランディング

出版コンシェルジュを探す


自分が本を出したいと思ったら、まず出版コンシェルジュを探しましょう。
インターネットで検索するとたくさんの出版コンシェルジュが出てくるので、驚くかもしれません。
普通の人には馴染みのない仕事ですが、出版業界ではプロデューサーの役割が大きいのです。
文章を書く能力に優れた人はたくさんいますが、すべての人がうまく書けるわけではありません。
自分が人に伝えたいことをしっかりと文章にしているのか、誰かがチェックしなければなりません。
文章を書く人の多くは自分でチェックすることはできません。
出版コンシェルジュを比較してみましょう。
誰がいいのでしょうか。
これまでに出版した本の数を比較しても、それだけでは十分ではありません。
インターネットに出てくる出版コンシェルジュは誰でもがたくさんの実績を持っています。
ベストセラーとなった書籍の実績もあります。
ただ、あなたが出そうとしている本はあなたが責任を持たなければなりません。
出版コンシェルジュはアドバイスをするだけです。
または売れるための宣伝文句を一緒に考えてくれるかもしれません。
あなたが人に伝えたいことは何でしょうか。
出版の手順はプロデューサーに任せて、あなたは自分の文章を作るのです。
それはあなたが生きてきたこれまでの集大成となるのです。
誰でもが気軽に出版をすることができる時代となりました。
ただ、売れるかどうかは別問題です。
プロデューサーのアドバイスを受けて、書籍の完成度を高めましょう。
売り上げが上がれば、それは直接的な収入となります。
posted by 出版コンシェルジュ@山田 at | 出版コンシェルジュ 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出版コンシェルジュと売上


現代の出版は企業の宣伝道具として有効と考えられています。
そのため出版コンシェルジュが企業の経営者に出版を働きかけているのです。
経営者が自ら書いた書籍を読んだ人は、その内容に賛同して商品を購入するようになるのです。
もちろん、そのためにはしっかりした書籍作りが重要となります。
それが出版コンシェルジュの役割です。
出版コンシェルジュを比較しているサイトはありませんが、出版コンシェルジュがブログなどで述べていることをよく読んでみましょう。
出版によって、単なる自己満足から多くの人への宣伝となるなら、お金をかけたとしても費用対効果はかなりよいでしょう。
売り上げが30%も伸びた企業もあります。
また、経営者による講演会では、書籍の内容を補足したり、実例を提示したりすることでさらに知名度を上げることができます。
もちろん、全国展開をしている企業でなければ、限定された地域で読まれる書籍で構わないでしょう。
経営者として何を考えているか、会社のため、社会のために何ができるかを文章にするのです。
インターネットのブログでは思っていることを確実に伝えることは難しいでしょう。
連載をしても、その一部だけを読んでいる人がほとんどだからです。
書籍であれば最初のページから読み進めます。
そして自分が求めている内容かどうかを知るのです。
もちろん、感想を誰かに述べることはありません。
それでも他社と比較して、あなたの会社の商品を気に入ってくれるでしょう。
読む人の気持ちになって書くために出版コンシェルジュの知恵が必要となります。
posted by 出版コンシェルジュ@山田 at | 出版コンシェルジュ 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出版業界とプロデュース


出版業界は出版のためにどのような働きかけをしているのでしょうか。
もちろん、出版物が売れるようにキャンペーンをしたり、売れる作家に本を依頼したりすることでしょう。
ただ、現代の出版は個人が書き溜めた実用書の元ネタを個人が出版物としたいと思っているケースがほとんどなのです。
インターネットが普及して、比較的誰でもが文章を書くことができる時代となりました。
出版業界もインターネットの影響を受けて、変わらざるを得なくなっているのでしょう。
ただ、出版社の本と比較すると個人が出版する書籍は自己満足になることがほとんどです。
それを避けるために出版コンシェルジュがいるのです。
出版コンシェルジュは書籍の内容を客観的な目で判断してくれます。
もちろん、より多くの人に呼んでもらうために適切なアドバイスをするでしょうし、宣伝の方法も考えてくれます。
ただ、最終的に行動するのは本を書いているあなたです。
出版塾などのセミナーでは方法だけを提案するのであり、それ以上はやってくれません。
出版業界が出版コンシェルジュを利用することもあるでしょう。
編集者は多数の出版物を取り扱っているため、個別案件には手が回らないのです。
インターネットのブログで小説などを書いている人がいますが、それに対する感想も偏っています。
わざわざ、コメントをする人はごく一部なのです。
どれだけの人が自分の出版物を読んでいるのか、実際に誰かの役に立っているのかを知るすべがありません。
出版社を通すことで、これらの情報を得ることができます。
posted by 出版コンシェルジュ@山田 at | 出版コンシェルジュ 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする