商業出版 ブランディング

出版コンシェルジュと企画


出版の方法を知ることで、自分でもベストセラーを作り出すことができる時代となりました。
もちろん、自分だけでできるわけではありません。
そこで出版コンシェルジュが登場するのです。
出版コンシェルジュはたくさんいますから、それぞれを比較してみることが大切です。
ただ、極端に異論を唱えている出版コンシェルジュはいません。
同じようなことを言っています。
出版コンシェルジュは企画力や宣伝力が重要です。
現代において注目されるであろう書籍を企画するのです。
自分が出した本は、他の書籍と比較されることになりますから、どこかに特徴を持っていなければなりません。
これまで誰も書かなかった点が重要なのです。
出版コンシェルジュは多くの情報を持っています。
居間読者が求めているのはどのようなことなのかをいつも考えています。
作者は文章を作ることに一生懸命になっていますから、周りのことが見えていません。
周りのことは出版コンシェルジュが面倒を見てくれると考えています。
ただ、出版塾などでは出版の方法は教えてくれますが、手助けをしてくれるわけではありません。
つまり、自分ですべてをやらなければならないのです。
もちろん、難しいことではありませんが、ポイントを押さえておかなければなりません。
出版コンシェルジュの力量によって、出版物の人気が違ってくることは確かです。
自分の本ができるだけ多くの人の目に触れてほしいと思うなら、プロデューサーを選ばなければなりません。
posted by 出版コンシェルジュ@山田 at | 出版コンシェルジュ 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出版コンシェルジュと著者


ビジネス書はいろいろな人が著者となり、多くの反響を得ています。
その立役者が出版コンシェルジュです。
文学書などと比較するとビジネス書は軽く見られることも多いのですが、実際に売れているのはビジネス書です。
ただ、内容が良ければいいと言うことではありません。
出版コンシェルジュのアドバイスを受けて、売れるための戦略を考えなければならないのです。
出版コンシェルジュの多くは元々出版業界やその周辺で仕事をしてきた人ばかりです。
つまり、出版の基本がわかっているのです。
その上で、売上が多い書籍を見てきたのですから、どうすれば売れるかを知っています。
実用書は内容的には専門分野に偏っています。
それでも読む人はいるのですから問題ないのです。
大手出版社が個人の作品を簡単に取り上げてくれるわけはありませんから、その間に出版コンシェルジュがいるのです。
自分のことは自分ではよくわかりません。
客観的な視点が必要です。
出版コンシェルジュは客観的にあなたの本の魅力を引き出してくれます。
装丁や宣伝のやり方によって、書籍の注目度は変わってきます。
そんな単純なことさえ普通の人は知らないのです。
出版コンシェルジュは自分が手掛けた書籍をどれだけ持っているかが実力を測ると考えています。
著者とのコンタクトを密にして、本人も知らない著者の良さを前面に出してくれます。
出版コンシェルジュを比較する時、話し上手であること、相手を引き付ける魅力があることは重要です。
posted by 出版コンシェルジュ@山田 at | 出版コンシェルジュ 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出版コンシェルジュになる


自分で本を出したいと思っている人は少なくありません。
ただ、どうやって出せばいいのかわからないでしょう。
文章を書くことと出版することは全く違うからです。
出版コンシェルジュと呼ばれる人たちは、書籍を出したいと思っている人と出版社をつなぐ役割を果たします。
もちろん、単なる橋渡しではなく、より効果的なタイトルや販売戦略もアドバイスしてくれるでしょう。
そんな出版コンシェルジュになりたいと思っていますか。
出版コンシェルジュはたくさんいますが、彼らを比較してみると、いくつかのことがわかります。
出版社で長年培ってきたノウハウを活かして、出版を希望している人のサポートを使用と考えている人、出版など考えていない人にどのような書籍を出せば意味があるかを説明している人などです。
単純な比較をしても、どの出版コンシェルジュがいいのかわかりません。
ただ、世の中は誰でも出版を考えているのだそうです。
特に会社の経営者であれば、一度は出版すべきだと言われています。
出版によって社会的知名度が上がり、企業の業績アップに貢献できるのです。
このような話を聞いて、あなたはどう思いますか。
もともと、文章力がある人でなければ、書籍を出すことは考えないでしょう。
出版コンシェルジュは多くの人に出版をすすめています。
セミナーなどでは誰でもが出版すべきだと説明されているのです。
あなたが書籍を出すとしたら、どのようなテーマで書くことができますか。
すでに本屋さんに並んでいる書籍と比較して売れそうな本が書けますか。
posted by 出版コンシェルジュ@山田 at | 出版コンシェルジュ 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする